軟綿綿日記-中国/上海/嘉定-


海外で働く日本人 私の場合は

中国で仕事をしている時には、自分が”日本人”であるということが、
いい意味でも、悪い意味でも強調されることが多かった。


私の場合は、客先が100%日系であったため、
中国でサポートをする日本人ということに価値を認めてもらうために、
お客様には「私はあなた達の気持ちがわかる同じ日本人ですよ」ということを
強調していたし、

逆に、中国のサプライヤーには、

「日本と仕事がしたいでしょう?日本の技術を学びたいでしょう?」

を攻め文句に、それなら、中国文化も少しは解っている
私と仲良くしておいたほうがいいわよー
というオーラを敢えて出していた。


ところで、中国では、日本人に対して、
こんなイメージを持っている。(とりあえず、いいイメージだけ書いておく)

1.日本人は約束を守る。(支払いや、時間等が正確で几帳面)
2.技術レベルが桁違いに良い。
3.仕事に対して責任感があり、真面目。

私が日本人であることを言うと、大抵の中国人は、
上のような日本人にたいする感想を述べる。
でも、最近、数人の中国・台湾系の人から、
こんな日本人のイメージがくずれ始めているという話を
ちらほら聞くようになって、
正直、気持ちが穏やかでない。

台湾などは、今まで日本を目標に
追いつけ、追い越せとやってきたのに、
今ここに立ってみると、時間にはルーズだし、
遊び半分で中国に来ているのか、
技術のことを聞いても、若い人はロクに応えられない、
なんてぼやいていた。

急成長する中国市場で、日本企業との中国・台湾企業のタイアップが進む中、
一方で、こういう見方が増えていることも、
ちょっと頭のどこかに入れておくべきなんだと思います。


・・・・また硬いこといってしまいました。すみません。
# by senhuixin | 2005-03-25 09:29 | 独り言


海外で働く日本人

願わくば、カナダで働きたい!

と思い、留学している人は多い。
そして、実際にこちらで就業している日本人も多く見かける。

今の私の立場では、出会うのはサービス業に就く
日本人ばかりだが、
しかし、しかし、
正直言って、「これでいいの?」という人たちが多いのに
あきれる。

今まで、3箇所、日系の旅行会社にいって、
3回失望させられた。


人の目みて、話せよ!!

ねえ、ねえ、顔が怖いんですけど、スマイルは??

最後に自分の名を名乗るか、名刺くらい渡しなさいよ!

よろしくお願いします、とか、ありがとうございます、とか言わないんだ??



と、日本ではなかなかありえない突っ込みが沢山で、
どうにも困った。それが、3回とも。


カナダのある生産工場で働く友人の話では、
こちらのワークスタイルは、そんなもんだという話だが、
サービスの良さに定評がある日本人なのに、
悪い意味で感化されてしまうのは、とってももったいないと
思うのは私だけでしょうか、ね。

人さまざま、志があって、
カナダで働きたい、と思うのでしょうが、
外国で働いていても、日本人であるという誇りは失ってほしくないですね。


以上、小言でした。
# by senhuixin | 2005-03-22 17:38 | 独り言


愛のことば ぱーと2

愛之深、責之切

こんな言葉は、いかがでしょうか。

愛しいという気持ちが深いほど、
真剣に怒ってくれる。

この切というのは、切実の意ですね。
# by senhuixin | 2005-03-15 15:48 | 中国語学習


さくらさくら

中国では、どちらかというと、梅を愛でますが、
日本人はやっぱり櫻ですね!
b0006164_1522172.jpg


カナダももうこんな季節になりました。
今日はこれに見とれて遅刻をしました。。。。
b0006164_15505640.jpg


ここ数年中国では櫻など観賞することがなかったので、
久しぶりの櫻に胸がおどってしまいました。
櫻はどうして人を狂わせるんでしょうかねえ。
こう思いながら、いつも、
この樹の下には。。。などと考えドキドキしてしまいます。
# by senhuixin | 2005-03-15 15:33 | CANADA


愛のことば

最近、学校が変わり、毎日宿題やらプレゼンの準備やらで、大変!
レポートのテーマが、
「あなたは現代科学の進歩により、
植物人間が機械によって生かされることをどう思いますか。」
などという日本語でも考え込むような問題ばっかりで、死にかけています。
というわけで、更新が遅れてごめんなさいね♥

ところで、今日の話題は、

I miss you. 我想你。

こういう言葉って、日本にないですね。
中学校の英語の授業で、I miss you をどういう風に
日本語訳すればいいのか、相当悩んだ思い出があります。

あなたがいなくて、さびしいよ


という意味なんでしょうが、日本語でそのものずばりを指す言葉ってないですね。
英語で愛など語り合ったことがないので、よく分からないですが、
(いや、日本語でも無いかも)
中国語では、あまり 我愛你 なんてめったに口にしないと思います。
それよりも、 我想你 の方が自然に口にでるし、
自然に受け入れられる言葉なのではないかな。
前に、中国の女の子に聞いてみたら、我愛你なんて、
そんなこと言われたこともないし、
言われたくもない、ようなことを言っていました。

ところで、外国語を学ぼうという志の高い人々は、
往々にして、まずはじめにその国での愛の言葉を学びたがります。
私が中国で、何回「我爱你用日语怎么说?」と聞かれたことか。。。
そのたびに、「あいし、」と言いかけて

「お慕い申しております」 と女性に、

「惚れています」 と男性には教えるようにしています。

いや、日本人が「愛しています」なんて
白々しい日本語を使ってはいけませんよ。

なのに、こういうと、決まって、中国の人は、
「アイシテマス?」「アイシテマス?」
と、くる。
知ってるんなら初めから聞くなよ!!


まあ、まあ、それはさておき、
愛の言葉は色々ありますが、以前、

「师傅,我的眼睛瞎了」

と書かれたラブレターをもらって、ぞっとしたことがあります。
わかりますか?どういう意味か。
ヒントは、谷崎潤一郎。





・・・・・・・・春琴抄の佐助が、
師匠の春琴と同じように自分の目を傷つけて見えなくしたと時の言葉です。
こういう種類のラブレターは貰いたくなかった。。。
怖すぎるでしょう。それなら、我想你 というシンプルな言葉のほうが良かった。。。


みなさんは、どんな愛の言葉を中国語で言えますか。
恋愛は語学を磨きます。素敵な愛の言葉を言えるようになった時には、
皆さんの中国語もとっても上達しているでしょう、ね。
(でも、上の例にもありますように、
あまり凝りすぎたことを言わないほうがいいですよ。怖くなるから。)
# by senhuixin | 2005-03-08 16:32 | 中国語学習


ワタシノエイゴハチュウコクジン

本日、英語の先生(初対面)との面接中に、

「それで、結局あなたは中国人なの?日本人なの?」

という変な質問をされてドギマギしてしまいました。

先生曰く、
顔と名前は日本人のくせに、英語に日本人訛りは無く、
むしろ、中国人の発音と話し方によく似ている、らしい。

「中国に5年近くいました」

というと、大きく納得して、こんな話を。

一般的に、外国語を学ぶときには、
あなたがその前に学んだ言語の影響を受けるんですよ!

つまり、

■母国語が日本語、第2外国語が中国語の場合
中国語は、日本語の影響をモロに受けて、
日本語なまり、日本的思考の中国語になる。

■母国語が日本語、第2外国語が英語、第3外国語が中国語の場合
英語はもう一定レベルを超えていると仮定して、
中国語は、英語の影響をモロニ受けることになる。
思うに、巻き舌ベロベロの中国語を話すことになるんじゃないかな・・・

■私の場合。
英語を話そうとしても、なぜかとっさに中国語が出てきてしまうので、
それをまた英語に直すという作業が入ってきてしまっています。
また、中国人はよく 「対不対?(そうでしょ?)」 を使いますが、
私は英語で 「~、right?」 を連発します。
これも多分に中国語的思考から来ているものと思われます。


みなさん、もし信じられなかったら、
日本語の上手な中国人の方の英語を聞いてみてください。
絶対、親近感を覚えるはずです。
# by senhuixin | 2005-02-24 05:33 | 独り言


中国語学習者のために

現在自分がもう一度英語を勉強しなおす破目になって、
中国留学時の”痛苦”を思い出しています。

言葉が通じあわないストレスっていうのは大きいですね。
もちろん、長い間一緒にいれば、言葉の壁はあっても
自然と分かりあえるし、仲良くなれるもの。
でも旅行や、ビジネスで中国にいらしている方にそんな時間は無いはず。
やはり、言葉を通じて最初のコミュニケーションが成り立つし、
それが一番手っ取り早い”交流”手段なんです。
(言葉を介せずに仲良くなれる人は、自身の魅力値が非常に高い人だと思います)

で、一番手っ取り早い語学学習方法というのを考えているんですが、
今考えると、私が中国語学留学中にやって一番効果的だったと思うのが、

b0006164_5393283.gif
北京大学出版社 からでている、会話教材

中級漢語口語 等のシリーズ。



このテープを毎日聴いて、なおかつ声に出して読む。
全然、手っ取り早くないように聞こえますが、
何よりも効果的でした。

色々と教材を見たのですが、
初級、中級学習者には最適なのではないかと思います。

1.ほぼ会話で成り立っているので、読みやすい

2.会話の内容を中国人に読ませると、なぜか皆笑う。
  なぜ?
  →普通の教材のように硬い表現でなく、
  一般的に彼らが使うような砕けた表現が多く、教科書っぽくないからだそうで。

3.中国の出版社からでているものだから、間違った表現や
  使えない表現は出てこない。
 *日本の出版社から出ているものの中には、使えない表現が多すぎる。


今でも、この教材から学んだフレーズが自然と口からでます。
日本でも、ネットを通じて購入できると思うので、
興味のある方はどうぞ!


会社の命令とはいえ、中国に長く赴任しなくてはいけないことになったら、
私はやっぱり中国語学習をするべきと思います。
でも、日本で、ビジネス中国語などの本は決して買ってはいけません。


本当に、意味ありません。


仕事で使う中国語を学ことよりも、
現地の方たちと気持ちを通わせるための会話を学ぶほうがよっぽど有効です。
大事なのは、異国の土地で、
日本人がどのように現地の人の心を掴むかということです。
# by senhuixin | 2005-02-21 04:39 | 中国語学習


感銘をうけた民族芸術家Bill Reid

b0006164_4451955.gif
と、突然ですが、これ、なんでしょう?→

・・・クマです。



b0006164_4464871.gif



←では、質問を変えて、これは?


・・・ビーバーです。


・・・変なの♥ と思わずに、聞いてください。
これらは、カナダ先住民であるハイダ族のいわばトーテムなんですね。
私の通うUBCという大学の中に、人類学博物館なるものがあります。
カナディアンインディアンの民俗・文化を中心に50万以上の
コレクションが収蔵されております。
昨日はそこの博物館に行き、現在まだ興奮冷めやらずに
このブログを書いています。

先ほど紹介したトーテム、他にもサメ・タカ・カラス・ワシなど
色々あるのですが、それぞれ絵が記号化されているのです。
例を挙げると、

■クマ:
大きくて短い鼻に、大きな口、時に舌を出します。前足を見せているのがポイント

■ビーバー:
前歯が二本出ています。尻尾の象徴として、#模様が描かれます。

見つけられましたか?

b0006164_53597.jpg
それでは博物館の実物トーテムポールから応用問題です。

これは何でしょう?→









舌が出ていて、鼻がでっかくて、

ちょこんと前足が・・・



・・・そう、クマですね。

今度はさらに応用!

b0006164_542824.jpg
←これは何?

えっと、鼻が大きくて、前足がちょこん、と

でも舌が妙なものに変わっていて?

頭に変なのが載ってますねえ。。


実はこれ、クマに

狼とカエルが一体化したものなんです。







私は中国の各地で色々なトーテムやお面を見てきましたが、
もともとアニミズム(動物神や自然神を信じる)を持つ私たちの祖先は
色々なトーテムを混在させることでこの宇宙をあらわし、
また魔除けの仮面では、恐ろしい神様のトーテムをあわせることで、
より一層パワーアップを図ります。

このトーテムポールも同じように、
様々な神様が一体化し、強い力を持つと信じられていたのでしょう。


今回の収穫は、ハイダ族から出た芸術家のBill Reidという人について
知ることができたことかな。
中国農民画好きなわたくしですが、民俗芸術家が好きで、
特に贔屓にしている農民画作家も苗族農民出身の方です。


彼らのモチーフは

自然物に守られて人間が生かされている
自然物の前では人間は小さな存在である

という考え方で、


今日も太陽があって気持ちいいなあとか、
鳥のさえずりが耳に心地よいですな、


とかいう普段何気ない生活の中の幸せ。
その反面地震や津波災害で感じる自然への畏怖、
人間が持っている、あるいは持つべき
根源的なものを教えてくれるような気がします。

b0006164_654165.jpg


皆様、機会があったら、バンクーバーUBC内にあるMOAへいらして下さい。
googleイメージなどで、検索するのも良いかもしれません。
# by senhuixin | 2005-02-20 05:02 | 芸術(民族・中国画)

    

中国上海・嘉定生活・ものづくり日記。         大学時代に旅先で生中国語と出会い、そのリズムと響きの虜になる。現在は中国各地方の人々と台湾同胞に囲まれ、日々是戦闘、惨敗もあり。2005年現在休養中。
by senhuixin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
私の情報源
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧