軟綿綿日記-中国/上海/嘉定-


<   2005年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧



メーカー第一主義

やっと引っ越したマンションでインターネットができるようになりました。
ひかりネットを申請したのだけど、結局申請してから1ヶ月くらいで
やっとつながりました。これで、新生活もようやく落ち着いてきたところです。
というわけで、しばらく書けなかったブログも再開です。
(ライブドアの方は、どうなってるかわかりませんが。。。)

新しい職場は、外資メーカーと日本の総合商社の合弁会社で、
日本語、英語、インドネシア語、北京語、香港語、台湾語が
日常的に聞こえてくる、面白いところです。
中国にも工場があり、そこで作っているものを日本で販売していて、
私は例によって、中国側と日本側の調整を行っています。
以前と少し違うのが、以前は購買、物流、営業、品質管理、となんでも
やりましたが、今は品質に特化しているところでしょうか。

最近、また中国とのやり取りを開始し、改めて感じる
『中国らしさ』、と『日本らしさ』が沢山あります。
その狭間で、悩むわけですが、
中国製のものを日本市場に売り出すにあたり、一番困るのが
中国の、”メーカー第一主義”のような考え方。
とにかく、客よりも製造側が強い。
ものづくりに、クレームはつき物ですが、
中国製のものに対するクレームは逆に最新の注意が必要です。

なぜなら、中国には、

ものごとを、まず疑ってかかる


という根本的な習慣があるからです。
中国国内で商売をやっているのであれば、まだ通じるのかもしれませんが、
国を跨ぐと、そうは言ってられません。
クレームをあげても、
日本側で壊したものをわざと中国側に言ってきている
ととられる事も、しょっちゅうです。
そこで、中国との取引で、問題があったら、

とにかくできるだけ多くの証拠をそろえましょう。


1.不良品そのもの、無ければ写真
2.不良を決定付ける数値的なデータ
3.納品書など、いつのものかわかる書類
4.不良品を発見した、不良発生した際の記録

等、動かぬ証拠を押さえることで、
まずは『疑い』から逃れるようにすることが先決です。
by senhuixin | 2005-11-13 23:27

    

中国上海・嘉定生活・ものづくり日記。         大学時代に旅先で生中国語と出会い、そのリズムと響きの虜になる。現在は中国各地方の人々と台湾同胞に囲まれ、日々是戦闘、惨敗もあり。2005年現在休養中。
by senhuixin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
私の情報源
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧