軟綿綿日記-中国/上海/嘉定-


<   2005年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧



カナダからなのに。中国語の勉強しましょうね。

皆さん、お久しぶりです。一昨日からカナダのバンクーバーに来ております。
恐らくこれから何ヶ月かはカナダからの通信となりますが、引き続きよろしくお願いします。

さて、こちらに来てもちろん英語を使用しなくてはならないわけですが、
始めて中国に来た時と同じ、またはそれ以上の戸惑いを感じています。
それは、
『いただきますとご馳走さまを直接英語になおせない』
『よろしくお願いします。とか、お世話になります。ってなんていうの?』
に代表される文化・言語ギャップです。

■食事編
そういえば中国でも、最初、なんて言ったらいいのか困った覚えがありました。
結局中国では何もいわずに食べ始めるとわかっても、
一人で「頂きます」なんて言って食べていましたが。

ちなみに、日本人が言いそうな言葉の中で、中国語でも使えるものを挙げました。
おいしそう!=好像很好吃的様子噢!
先にいただくね=我先吃了!  
食べるぞー!=開動了!
おなかいっぱい=我吃飽了。
(単純に食べ終わったときの)ご馳走様でした=我吃好了。

上級編としては、
奢ってもらった時にお礼を言いたいときの「ご馳走様でした」、
これは相当する言葉が無いので、「謝謝你了」としか言えないのですが、
「下一次我請你吃飯(今度は私がご馳走します)」なんて言葉を付け加えると感謝の気持ちがもっと伝わるのではないでしょうか。他にも思い当たる人がいたら教えてください。


■請多关照ってさ、日本人しか言わないよ。
日本人が中国語を習い始めるとき、はじめに習うのが

我叫○○。(私は○○と申します)
請多关照。(よろしくお願いします)

ですが、
今思えば、なんて使えない言葉を習っていたのか、と思います。
こんなの現地の人が言っているのを、いまだかつて聞いたことがありませんよ。
だって、これは日本語の言い方をそのまま中国語訳したもので、
もし、こんな言い方をしたら、外国人(日本人)だって、一発でわかっちゃいますね。

かく言う私も、こう言って反応に困られたことが何度かあります。
(文化レベルの高い人たちには大丈夫です。)
形式的に請多关照をいっている暇があったら、
別の話題を切り出したほうがよっぽど反応がありますよ。
もし、以前聞いたことのある名前の人と
ようやく会えたときなんかは、
握手をしながら茶目っ気を加えて、

久仰久仰! (久仰大名!) 

なんていっても喜ぶんじゃないかしら。
ぜひ試してください。
しかし、むっつり黙っているよりは、話したほうが良いんだから、
もし思い当たる話題が無かったら、気にせずに覚えたことを話してください。

最近怎么样?忙不忙? (最近どうですか、いそがしい?)

啊啊、でもこれは初対面ではあまりにざっくばらん。。。かな。
まあ、いいんですよ、親しみをこめて話せばなんでも。

私は英語の言い方を必死に研究中です。だれか教えて!!
by senhuixin | 2005-01-31 15:51 | 中国語学習


夢心地になる方法

そろそろ上海が恋しくなってきた今日この頃です。
藍色LED訴訟で眉間に皺をよせているより、
今日はもっと素敵なことを紹介します。
でもこれは近視とか乱視の方にしか応用できませんので悪しからず。


上海の夜景がすばらしいことは皆さんご存知と思います。も
ちろん、東京のほうも再開発で高層ビルが目立ってくるようになりました。
夜景も素晴らしく、うっとりさせてくれるのですが、
東京の夜景に飽きた&物足りなさを感じるあなたに
取っておきの方法を。


メガネ(或 コンタクト)を外して 夜の街でたたずんでみてください。

歩いても可。(注)危険です



そうすると、ひとつひとつの灯りがぼんやりと大きくなって、
いままで遠そうにみえた光が掴めそうになります。
特に、点滅する光の中に身をおくと、最高です。
今年流行の藍色の光もいいあんばいです。


ちなみに私は東京ディズニーランド付近で試しましたが、
ひとりで歩きながら天国にいきそうでした。(視力0.03と0.05)

上海の光の粒は東京や香港と質感が違い、
さすがに国力を挙げて(?)取り組んでいるだけあって
大きいのです。いつもおもうのですが、
バンドのあたりなんて、
宝石箱の中を間違って撒き散らしちゃった感じ
なんですね。

b0006164_171359.gif



これからは上海の大粒の光が恋しくなったら、
少々危険を冒してでも
この方法を使おうと誓いました。



*上記写真は中国新聞社提供のものを使用させていただきました
by senhuixin | 2005-01-26 14:54 | 独り言


血と父親と結婚について

ちょっと京都へ行っておりました。
たまに日本へ帰ってくると、ここぞとばかりに会いたい人たちに会うべく
スケジュールを詰めていくので、中国で仕事している時よりも逆に
ハードスケジュールになりますね。というわけで、くたくた、ぐったり。
なので、今回は文章がうだうだ、とりとめなくなっている思いますが、
ご勘弁を。

つい最近、結婚というものについて具体的に考える機会がありました。
それで、まず初めに思い浮かんだのが、

「父親はどう思うかなあ?」

ということでした。
もちろん、仕事のこととか、相手との相性や経済的な問題など
考えないといけないことは沢山あるのですが、
古くからの日本的な考えでは、
結婚の意義って言うのは
家どうしのつながり、とか家の存続なんてことでしょう?


なんていいつつ、実際は、現代に生きる人たち(私も含め)に、
そんな古い考えは薄れてきているのだろうし、
『家』という概念事態がなんなのか解らなくなっている時代
(わがままな『個』が追求される時代?)
なのだから、本人同士が良ければそれでいいのだ、
ということなのかも知れないのだけれど。


本当のところは、私は昔から、
血や家に縛り付けられてきたような気がします。
というよりも今思えば、自分が安心したい(言い訳したい)ために、
そういう大きなもの、不可抗力のものをかかげてきただけなのかも
知れません。
例えば、自分の嫌な性格とか駄目な部分を
遺伝や育てられ方のせいにしたり、ね。
つまり、本当は、自分でも気づかないうちに、
精神的な拠り所を血とか家にして甘えていたのかな、とも思います。


長い間海外にいて、少し客観的になることができて
そういうものにトラワレている自分がよく解りました。
だから決して本心で家の存続とか、家同士のなんとか、
なんて考えているのではなく、
習慣的な思考回路にそって、
まあ、父親が気にいらなければ結婚は無理だな、
なーんて思いながら
帰りに電車に乗っていると、後ろの高校生の恋人同士が、

「今日、もう少し遅くなってもいい?」

「うーん、でも今日おやじがいるからなー。」

なんて会話をしているの聞こえてきました。


ああ、おやじ、あなたは幸せですよ!

どんな形であっても、貴方を真っ先に思い浮かべるむすめがいるんだから!!
by senhuixin | 2005-01-25 16:55 | 独り言


信号の前で止めて下さい。

『MORIさん、教えて。タクシーに乗っている時、
信号の手前で止めて欲しいのに、
いつも信号を過ぎちゃうのよ、どうして?』

以前、中国出張者よりこんな質問を受けた事があります。

ちなみに、この出張者はタクシーの運転手さんに、

『紅緑灯(信号)的前面』

という言い方をしているという事でした。


基本的な言い回しなのですが、結構混乱するようなので、
中国出張、またはこれから駐在する可能性のある方は
覚えておくといいと思います、

ポイントは、信号を過ぎるのか過ぎないのか、ということですが、

『前面』→前方の事。であり、上のような言い方をすれば、

信号の前方、つまり信号を過ぎたところになってしまいます。

もし、信号の手前、つまり信号を過ぎないところであれば、
应該説、

『紅緑灯不到一点』

でしょうね。他にも言い方は色々あると思いますが、
いかがでしょうか?
by senhuixin | 2005-01-20 01:14 | 中国語学習


韓国の雑感

ちょっと韓国まで行っていました。
留学時代、韓国の女の子とルームシェアしていたり、
学校には沢山の韓国人留学生がいたため、友達は結構いるんです。

世の中、韓流なんて騒がれていますが、
以下ざっと、私の韓国への印象を書き出してみました。

■愛国心が強く、民族意識の高い人たち。
でもアメリカに弱いね。
日本には敵対心を持ちながらも、どこか弱い。

■集団行動が好きで、団体になるととにかく騒がしい。
中国人は個人主義で、団体でも一人一人が我、我、我、我でウルサイ。
韓国人は団体になるとウリナラウリナラウリナラ、ワッホーイとウルサイ。

■儒教の国ですね。
日本に失われつつある"礼"が残っている。
普通の生活の中でごく当たり前に感謝や年配者への敬いの
気持ちが表れていて、見ていて清清しい。
男性が女性を守ろうという意識、一家の長であるという意識強いが、
反面、男尊女卑の感は否めない。
特に女性への暴力は深刻な問題。

■熱しやすく冷めやすい。短気な人が多いのでは?
いや、何となくです。

■なんといってもインターネット大国。
速度もそうだけど、普及率・活用率が日本と比較にならない。
私の友人は自宅の調度品や電化製品、キッチン道具すべて
ネットショッピングで購入。
ほぼ全ての若者(30代前半までかな)が
自分のブログとミニホームページを持っている。

■ものすごくアニミズムを感じる。
派手な色使い、鳴り物・打楽器、お面や装飾のトーテムなどから、
先祖神や動物神、自然物への信仰を感じる。

■女性の肌が白くてつややか。
これはなんででしょう?肌のきめが全然違う!

■韓国語は日本の東北なまりに似ている。
宮城のなまりに近い気がする。ラムちゃん?

■なに食ってもキムチ。
一般家庭の冷蔵庫はキムチでいっぱいの為、
冷蔵庫の容量が大変大きい。(すべて2ドア式)
最近では、キムチ専用冷蔵庫が売れているとか。
でも、韓国の唐辛子って日本から入ったんですよー。
by senhuixin | 2005-01-16 22:20 | 独り言


中国携帯市場

中国の携帯電話市場では出遅れている日本。
Panasonicも以前欠陥出して、携帯電話市場では
日本ブランドは認知度低いですね。
もちろん、システムが根本的に違うという問題もありますが!
第3世代に賭けるか??技術的には優位だけど、韓国に負けるかな?

b0006164_22581473.jpg
しかし、TCLの携帯なんて、4・5年前までは全然無かったのに。
非常に早かった!聯想も携帯市場に力を入れだすようだし。
(ちなみに手元にあった新華社から発行された市場シェア分析資料→では、
2000年度はノキア、モトローラ、エリクソン、シーメンス、松下、SAMSUNGという順番で、国内メーカは無いんです。)
中国国内メーカは本当頑張っていますが
下記のような問題点も抱えているようです。

----------------------------------------------------------
中国携帯メーカーが経営危機に直面、海外市場開拓を加速
2005年01月12日 19時20分


世界最大の携帯電話市場、中国。今年後半にはテレビ電話など高速大容量のデータ通信が可能な第3世代(3G)携帯電話が商用化される見込みとなり、今後の動向が注目される。

そんな中、2001年から2003年の高度成長を経て、中国の携帯電話メーカーは昨年以降、今だかつてない経営圧力を受けている。


■市場ニーズの伸び率が鈍化


「携帯電話の普及率の向上に伴い、携帯電話の市場成長率の伸びには翳りがみえはじめた」と申銀万国証券研究所のアナリスト顧峰氏は言う。その他の機関の統計データも上述の観点を実証した。

情報産業部の通信産業統計月報によると、2004年1~11月期の新規携帯電話ユーザーは5997.1万と、前年同期の5747.4万に比べわずかに4.3%伸びただけ。2004年度の携帯電話販売量は前年比8%増の約7300万台となることが予測されている。

中国の携帯販売量の伸び率は、2001年に51.9%だったのが、2002年に35.8%、2003年に18.1%となり、ここ数年、市場ニーズの伸び率の鈍化が鮮明になっている。


■海外ブランドが反撃

携帯電話の市場ニーズが鈍化すると同時に、海外ブランドの反撃も中国の携帯電話メーカーに大きな圧力をかけている。

申銀万国証券研究所のリサーチデータによれば、販売数量からみると、中国携帯メーカーのシェアは2004年1月の45.7%から10月の44%にダウン。売上高みると、シェアは37.5%から33%に下がった。その主な要因については、核心競争力の不足、製品の同質化などが挙げられ、市場シェアの獲得は価格競争に依存しているのが現状である。

一方で、海外携帯メーカーは積極的に現地ルートを採用し、製品構造を調整することで、競争における優位性は日増しに顕著になっている。例えば、ノキアは2004年、中国市場に計20機種余りのハイエンド製品、ミドルクラス及び各消費層に対応した新製品を投入した。また、モトローラは昨年、第4四半期に一気に7機種のミドルクラス及びローエンドの新製品を投入している。



■利益がダウン

上場している携帯メーカーの昨年第3四半期決算状況からみて、中科健、夏新電子は赤字に陥り、TCL、南京パンダなどの携帯事業の収入も落ち込んだ。業績が比較的よいのは波導だが、在庫が大幅に拡大し経営を圧迫している。同社の第3四半期決算で、在庫は年初より9億元も増加していた。

危機に直面している一部の携帯メーカーは、製品や技術、また市場などの角度から問題解決に着手し始めている。



■ハイエンド市場に注力

海外ブランドが反撃をかける中、中国メーカーはハイエンド市場に狙いを定め、次々とハイエンド製品の開発及び推進に力を入れている。カメラ付き携帯電話や高機能携帯電話などは重点的に開拓中の分野である。

昨年は、NEC、ノキア、サムスンなどの外資系メーカーが100万ピクセルの携帯電話のプロモーションに乗り出し、夏新、波導、南方高科などの中国メーカーもそれに続いている。



■海外市場開拓を加速

昨年、中国携帯メーカーは海外市場の開拓に力を入れ、携帯電話の輸出量も過去最高を記録した。1~9月期の輸出台数は前年同期比357.4%増の396.73万台となった。このうち、波導の携帯電話輸出は220万台に上り、前年同期比6.8倍となった。

今年、中国の最大手携帯電話メーカーである波導やTCLは、2005年の携帯電話輸出量を大幅に拡大する計画を明らかにしており、中国携帯メーカーが海外に成長の場を求める傾向は今後も続くことが予想される。
(アジアインフォネット)

------------------------------------------------------------------
by senhuixin | 2005-01-12 22:03 | 中国ニュース


ぺっぺはダメよ。

初めて中国に来た方は、恐らく食事の光景を目の当たりにして
戸惑いを覚えるに違いない。

一番のポイントは、

口に入れながら口から出す。


ココにあり。よく分からない方は、エビを食べてみるといい。
日本で育った貴方なら、恐らく手で殻を剥いてから
つるんとした状態の剥きエビをチョンチョン、
とお醤油か何かにつけて食べると思うのだが、
中国で育った方は恐らく、そのままバクリといく。
その後に殻を口の中で上手に身から剥がして、
食べながら、ぺっぺと吐き出すんですね。

食べながらなので、姿勢は常に頭を下げた状態。
口は、二つの作業で立て込んでおり、
当然、しーんとした状態でひたすら喰らう。
私は、いまだに慣れないんだけれども。
まあ、それはいいとして。
ぺっぺと吐き出したものをテーブルの上に
そのまま散らかす。
もしくはテーブルの下に直接吐きだす習慣がある。

しかし、台湾は少し違う。
先日一般家庭にお邪魔したときに、
こんなものを見つけた。

b0006164_1821256.jpg


さて、なんでしょう。チラシを折ったものなのだが、
一つ手に取り、開いてみると、

b0006164_16124887.jpg


実は、これ、食事のときに食べかすやごみが散らかるので、
この中に入れて、食べ終わったらそのままポイするんだって。
台湾にはこういう、ちょっと日本のオバちゃん的発想が残っていて、
本当に親近感を感じる。
by senhuixin | 2005-01-11 20:10


增加談判勝算的6撇歩

管理小錦囊
增加談判勝算的6撇歩
編譯:黄碧珍
2004年12月 Cheers雜誌

商場的談判,就有如一場競技,很多時候決勝靠的不是力量、權力,而是懂得掌控情勢。

儘管談判的結果很難達到雙贏的皆大歡喜境界,但是至少不要讓自己輸得太難看,不要因為完全無法掌控情勢,而被對方牽著鼻子走。近期的美國《銷售力》雜誌(Selling Power)就提供了雙方談判、對陣時的掌控情勢的6大法則。

1.不要顯露情緒:讓自己的聲音和身體語言,聽起來中性一點,不要帶有太多情緒。在談判前做好準備,鍛鍊自己的心志,告訴自己,我大可不要這筆交易,那會讓你較無得失之心。

2.不要輕易妥協:不要一開始就作出退讓。如果你不確定能拿下這筆交易,最好不要立刻降價以求,讓對方有機會一再刺探底線。

3.不要向對方報告:當人們滔滔不絕時,就是給人評量的機會。長篇大論的報告,會讓對方清楚你的立論根據,更容易找出你的弱點。

4.不要做過了頭:奉承對方或誇大自己都很容易被識破,反而讓人對你倒胃,無助於建立互信。

5.不要把對方當朋友:如果你想和對方很麻吉,反而會讓你做出不當決定。決策或談判時,盡量不要捲入私人關係。

6.不要在準備上輸給對手:如果你沒有比競爭對手,更了解潛在客層、更了解市場,更了解顧客需求,那麼你鐵定輸定了。
by senhuixin | 2005-01-10 13:54 | 独り言


罵你 欺你 侮辱你 你将如何?

こんなとき、あなたなら、どうしますか?
わたしなら、


忍它  譲他 不管他 看他如何。


れんたー らんたー ぶぐぁんたー かんたーるーはー。
まあ、早い話が

放っておきましょう。

という事ですね。

中国では理不尽な事が多いですが、
時にはこんな対応するのもアリです。
余計な体力は使わずに。
いつもカッカしていては必要な時に力がでません。


リズムと語感が良いので、声で出して言ってみると
結構楽しいですよ。
by senhuixin | 2005-01-10 11:30 | 中国語学習


麺いろいろ紹介

日本に戻ると、無性にラーメンが食べたくなります。
すっかり食いしん坊になってしまって、
今日は午後4時に東京でしょうゆラーメンを食べました。
もちろんその後夕食もしっかりいただきました。
日本にいる間に、博多天神(渋谷か新宿)の
とんこつラーメンも食べておかなかればならないし、
築地の井上というラーメン屋さんも懐かしいなあ。

そして、上海なら、新疆人のやっている蘭州拉麺が好き!
いたる所にあって、大抵3元程度、量を多くして5元。
ちょっとカレー味っぽいスープに牛肉の旨みが溶け込んでいます。
それからチェーン店になりますが
呉越人家の野菜麺(名前忘れました)、蝦仁蟹粉麺が好きです。
しかしやっぱり淮海中路にある上海第一店舗目が、味が一番良いですな。

台湾では、當帰鴨肉麺が最高に美味しかった。
當帰(帰るって言う字の繁体字がでません)というのは
漢方の薬草の一種ですが、
美容に良いし、体がぽかぽかしてくるんです。
最初は香りにくせがあるように感じるかもしれませんが、
食べだすと止まらない。これが當帰マジック。

b0006164_224566.jpg


残念ながら、美味しすぎて夢中になっていたため、
麺自体の写真を撮り忘れました。無念です。
by senhuixin | 2005-01-07 22:10 | 中国/上海/嘉定生活

    

中国上海・嘉定生活・ものづくり日記。         大学時代に旅先で生中国語と出会い、そのリズムと響きの虜になる。現在は中国各地方の人々と台湾同胞に囲まれ、日々是戦闘、惨敗もあり。2005年現在休養中。
by senhuixin
私の情報源
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧