軟綿綿日記-中国/上海/嘉定-


<   2004年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧



私の欠点

江湖味の濃いおじさんにご馳走になり、
その後自宅まで送ってもらったときのこと。

「你这个人的最大毛病是什么呢~

・・・説走就走!」

(君の悪い癖はなにかっていうとねえ、
帰るっていったら本当にすぐ帰っちゃうところだよ)

お説教が始まりました。
お説教を黙って聞いているような性格ではないので、

「那有什么不好的?」
(それの何が悪いの?)

と少々反論してみました。
すると、

江湖おじさん 「当然不好的!」

少し怒り気味に答えます。
続けて、

江湖おじさん 「帰るといったら、すぐに帰るもんじゃないんだ・・・

そろそろ、と言ったら必ず引き止める人がいるから、

その人の面子を立てて、もうちょっと居てあげるのが礼儀ってもんだ。」


わたし 「ちょとってどれくらい?」

江湖おじさん 「1.2時間くらいかな」

わたし 「ふーん、それが中国の習慣なら学ばないとね」

江湖おじさん 「そうだ、そうだ」


面子をたてて私は自分の時間を1、2時間も犠牲にしないといけないのは
辛いなあ、と考えながら、
じゃあ、もし一時間で帰りたいときは
会ったら、すぐに
「我要走了(わたし帰らないと)」
なのか??と一人突っ込みをしていました。

無事家まで送ってもらい、
「じゃあ!」
と家に入ろうとすると、

江湖おじさん 「ちょっと、待った!

だからさっきも言ったじゃないか。この娘が。すぐに行っちゃ駄目だ!」


・・・・・。ああ、そういうことでしたか。
またひとつ勉強になりました。
私がすぐに家に入れる方法は、
彼が送ってくれている最中から、
「じゃあ」
と別れの挨拶をしなければならないのですね。

中国人はよくよくお名残惜しい民族なのだなあ。
その割には電話では、話し終わらないうちにすぐに切っちゃうけど。
むむむむむ。
by senhuixin | 2004-11-29 22:14 | 中国文化紹介


求愛

先日設備組み立て終了の宴会がありました。
新人の劉君が初めて取り組んだプロジェクトで、
外注先の皆さんに、うちのメンバー紹介をしてもらいました。
ひとりひとり順調に紹介していったのですが、
財務の周小姐の時に、ちょっとした違和感がありました。

『えー、こちらは財務の周小姐。独身。』

(少しの間)

『我現在追求当中!』

一瞬静まり返って、ざわめきが起こりました。
劉君、初耳ですよ。

そこで、本日の話題は"追求"。
この場合、日本語の追求と意味が違うのはお分かりですね。
ちなみに、辞書(小学館 中日辞典)を引くと

求愛
異性を追い求めること

だって。
では、劉君の言葉を日本語訳してみましょう。

僕はいま、彼女を追い求めています。


いやあ、劉君、ちょっと熱すぎませんか。

僕はいま、彼女に求愛をしています。


・・・降参です。動物ですか、あなたは。


テレビの前の皆さん、よーくご覧下さい。
いま、孔雀がおーきく羽を広げております。
おお、これは求愛のポーズですねえ。


とか、

おとうさん、あのお魚さん身体くねくねしてるよ、
ああ、求愛ダンスだね。


こんな会話が頭に浮かびました。


どうにも良い訳し方はないものでしょうか。
異性へ何らかのアプローチをしている意味なのですが、
どうにも上手い訳し方がわかりません。


僕は今彼女にアタックしているところです。(カタカナが嫌ですね)

僕は今彼女にくびったけです。(押しが弱いですな)


みなさん、何かいい日本語訳はありませんか??
by senhuixin | 2004-11-24 23:32 | 中国語学習


私を支えてくれた山羊たち

私を支えてくれた動物シリーズ第2弾。
言い出しにくいのですが、山羊、飼っていました。今の工場で。
いや、別にチーズが食べたいとかそういうことで買ってきたのではなく、
いつの間にか、そこにいたので飼いました。しかもツガイで。

ここで、山羊とはどういう生き物なのかワカラナイ人に写真付で説明を。
残念ながら、うちの山羊の写真は無いので、
山羊を愛する方たちのホームページから、少し似た雰囲気のコを
載せましょう。

b0006164_13414395.jpg

b0006164_22272228.jpg


あのー、なんで山羊っていつもこの角度なんでしょう?
別のもあるかと思っても、こんなのとか。
b0006164_13421260.jpg


下記、barn yard さんのページから。この方はとっても山羊好きなんですね、
一言一言から愛おしさが伝わってきます。

------------------------------------------

四角い目はどこを見てるかわからないけど、よく見て、聞いて、匂いにも敏感です。 
そして口の感触も重要な判断の材料となっているようです。
葉っぱについたクモの糸や虫のフンをいやがったり、毛虫をじっと見ていることもあります。 ハンスウしながら私の農作業をのんびりとながめていることもあります。
大きな声で呼んだり、満足げにノドを鳴らしたり、寝ころんでみたり、
体をすり付けて来たり、見ていて飽きることはありません。 
好奇心も旺盛で、鶏やウサギの小屋にはいったり、匂いをかいだりします。
とにかく成長が早く、来て一週間くらいは指をさかんに吸ったり、体の後ろにまわって乗っかってきたりしましたが、それは今ではしなくなりました。 

そのかわり遠くから走ってきて、頭をつけたり、体をひねって高くジャンプしたり、体の側面をずずっと私の足になすりつけたりします。

-----------------------------------------

もう、本当にこの通りなんですね。
私もよくジャンプキックされました。たまに、頭をこすりつけてきて、
甘えているのかな、と思いきや角で突いてきたりします。怖いです。
好奇心が旺盛、というのも良く解る気がします。
工場では別にちび黒犬を飼っていて、
彼をつれて山羊に挨拶に行ったのですが、とってもフレンドリーでした。
その後彼らは私のいないときでもちょくちょく遊んでいたようでした。


さて、続けましょう。

------------------------------------------------

名前を呼んでたまに返事をするのですが、これはアテにはなりません。  
体の匂いはそう強くありませんが、毛の全体はなんとなく油っぽいのはきっと虫除けの意味もあるんでしょうね。顔のわりには胴体、とくにお腹が大きいです。 でも、腰骨がでているので、やせている印象をうけます。 頭はゴツゴツしていて、体全体に固いんです。

目の間や下、背骨にそって掻いてやると、目を細めます。 あと、お腹をさするとこれまた気持がいいそうです。 最初は乳首をさわると嫌がりましたが、いまでは慣れたのでしょうか、ガニ股になってじっとしています。 そのようすはなんだかコッケイですが、かわいいものです。

--------------------------------------------

山羊は本当にお腹がものすごく大きいのです。
それが、また軟らかくて気持ちいいお腹なんですね。いつも撫で撫でしてました。
ただ、残念ながら、乳首は触ったこと無かったです。
(私はオスと仲良くしていたので)


私の場合、彼らとのふれあいはストレス発散の為でもありましたが、
段階を経て一歩一歩彼らとの距離を縮めることにある種の楽しみを覚えていました。
動物を畜生扱いする周りの中国の人達は私を変人扱いしていましたが・・・

大きくて怖そうな犬でも、無表情の山羊でも、
こちらにコミュニケーションをとりたいという意志があれば、
通じるものだな、というのが私の感想です。
そこいくと、人間はどうしてこんなに難しいのかなと思ってしまいます。
特に同じ言語をしゃべり同じ文化を持つ日本人が、実は一番通じにくかったりもします。
それは、日本人だから解るでしょう?とか日本人はみんな同じ感覚という考えが
強すぎて、お互いを理解しようとしないからなのだと思います。

外国でのものづくりの根本は
徹底した現地とのコミュニケーションのように思います。
それは、相手との違いを認めた上で、どのように協和していくのか、
というところなのでしょう。
『日本ではこうなんだから、その通りにしろ』
なんて押し付けたって無理な話ですよね。




それから、ちなみに山羊は紙はたべません。
何回も試しましたが、無視され続けました。
by senhuixin | 2004-11-23 22:42 | 中国ものづくり裏話


私を支えてくれた犬たち


動物といえば、私が中国で職についてから、
陰ながら私を支えてくれたのが彼らであった。
前の職場では、毎日残業で疲れた私を待っているみたいに、
仲良くしていた小さなメス犬が家まで送ってくれた。
電灯の無い暗くて静かな道をてくてく歩く。
犬は私を先導して、前を歩く。
でもたまに寄り道をしてどこかに消えてしまうが、またどこからとも無く現れて、
前を歩く。
家に着くまでに車通りの多い道路をひとつ渡らないといけないのだが、それも慣れたもので、すいすいすいーっと渡ってしまうのだった。(たまに私が渡り損ねる)
その犬が妊娠をしていたのには気づいていたが、その後、産後のひだちがよくなかったのだろうか、そのまま姿を消した。

数週間たった後、今度は隣の工場の老いぼれ犬が散歩がてら、
私を家まで送ってくれるようになった。
こいつはどうにも年寄りだから、あの大通りを渡るのが少し苦手なようだった。
行きはいつも私が一緒に渡っていたので安心だったが、帰りは心配だった。
でも、翌日また同じように現れるので、一人でなんとか渡れるようだった。
彼も寄る年波に勝てず、いつの間にかいなくなっていた。

前にこのブログでも紹介したが、一番仲良くしていたシベリアンハスキーみたいな”将軍”は、私のグチ友であった。前の職場でも日本人は私だけだった為、グチを言うにもなかなか難しい環境にあった。また、当時私の中国語レベルがまだまだであったのと、職場の連中は田舎の方が多かった為に、訛りがひどく、普通語での会話が困難でもあった。そんな中、昼休みのちょっとした時間を”将軍”と一緒に過ごすのが日課になっていた。彼は私と掃除のおばちゃん以外とはめったに付き合いも無かったようだが、その分数少ない友達である私にはわりと優しかった。

毎年年末になると、食われてしまった彼を思い出し、懐かしむことにしている。
by senhuixin | 2004-11-22 00:13 | 中国ものづくり裏話


おじさん好き?

声を大きくして言う話題でもないですが、私の男性の趣味は特殊です。
良いなあと思うのは、ちょっと気の抜けた感じのおじさんばっかり。
b0006164_13305558.jpg
”おじさん”と全部ヒトククリするのも良くないと思うので、
申し上げますが、私の一番好きなおじさんは、
緒方拳さんが演じたテレビドラマ“愛はどうだ”のおじさん。
福山雅治が部下役で出演していて、非常に初々しかったドラマです。
別に人気があったドラマのようには記憶していませんが、
緒方拳が愛人の渡辺えり子の部屋でお茶漬けを食べて
わがまま言っているシーンをみると、
妙にじわじわした温かみと   
ほろ苦いような痛みが伝わってきて印象に残っています。


ちなみにおじさん、これを中国語でいうと、
呼びかけるときに使うのであれば、大叔、叔叔(子供ことば)となります。
第三者的に表すのであれば、中年人(男女関係なく)。

・・・中年人。

老年人。老人家。

うーん、ストレートすぎて、日本人には、中年のおっさん、
というイメージが沸き、抵抗がありますね。
台湾では日本語教育の影響で、
そのままOJISAN, OBASANと呼んでいるようです。

『老頭儿』という言葉があり、50歳以上のおじさんに使えますが、
品がないオヤジ、どうでもよさそうなおっさんを表すときに
使う贬义詞で、これはできるだけ多用しない方が良いでしょう。
また、子をつけて老頭子なんていうと更にひどい事になります。
(辞書には親しみをこめた言い方のように書いてありますが、×)

おばさんは阿姨、と呼びますが、
むかつくのが、小さな子供が私を呼ぶときも『阿姨~』といいます。
でも、実はこれは正しい言い方です。(ケシテ私がおばさんだからではありません)
日本語のように、お姉さん、とよぶ感覚で小さな子供が私を
『小姐!』なんて呼んではいけないのです。

では、あなたが大人の女性の場合、
年の離れた女性をなんと呼べばいいかというと、
『大姐』『~姐』といえば、とても親しみが沸きます。

ところで、おじさん好きの私ですが、
中国では、あまりピンとくる中年人に出会ったことはありません。
どうも、50代以上の方たちは共産党のにおいが濃すぎです。
逆に年軽人(若者)は、鼻息が荒すぎて(ハングリー精神旺盛で)
ちょっとついていけない感があります。
が、こんな若者たちもあと30年経つと、どうなるのかしら?
私好みのおじさんに仕上がっているでしょうか?
by senhuixin | 2004-11-19 18:52 | 中国語学習


松本伊代か。(苦笑)

今日、久しぶりに松本伊代にそっくりといわれ、
ひそかに微妙な傷つき方をしている。
小学生の時から言われ続けていたけど、
最近は伊代卒業だと思っていたのに、ああ、まだ健在だったのね。

ありきたりの顔をしているので、
色々な芸能人に似ているといわれてきたけど、
顔だけ見るとやっぱり伊代ちゃんが
一番自分でも似ていると思うのでしょうがない。
犬顔なのだな。

おやすみなさい。
by senhuixin | 2004-11-18 00:04 | 独り言


中国のローンと貸し倒れ

だって、車一台平均月収の100倍近くしちゃうんだもの、しょうがないわね。
上海ゼネラルモーターズの上汽通用汽車金融有限責任公司、
トヨタも中国で自動車ローン会社を設立、銀行と組んで自社システムを作って
対策を練っているようです。

以下、SEARCHINA 2004/11/15 記事より。

自動車ローン:半分以上、1000億元が回収困難

  中国人民銀行が公表したデータによれば、今年年初まで、中国の個人自動車消費ローン額は1800億元に達している一方で、1000億元が回収の難しい状況となっていることが明らかになった。香港・経済通が伝えた。

  この焦げ付きかかっている債権について、国有四大銀行が全体の80%以上を占めているという。自動車ローンについては、今年に入ってから法規制され始めてきており、今年、自動車購入におけるローンの利用率は5%程度とされている。

  しかし、ここ2年ほど、この割合は二桁を超えるほどになっていたという。中国工商銀行の関係筋によれば、現在までに自動車ローン業務は完全に停止しているわけではないが、その規模は大幅に縮小している、と指摘。

  回収が難しい状況が続いており、それが多額で、深刻な状況となっていることから、北京では、銀行が一致団結して、大規模な不良債権回収活動に乗り出すともされている。業界では、自動車ローンの融資条件の引き上げを求める声も上がっている。

  10月1日から「自動車ローン管理規則」が施行され、借入時の信用システムや焦げ付く前の警告ネットワーク構築及びモニタリングの実施、ブラックリストの作成なども進められているが、まだまだ目に見える効果が上がっているわけではないという。
by senhuixin | 2004-11-17 23:43 | 中国ニュース


心のゆとり

中国に来て何年か経って
自分がとても心の狭く、余裕のない人間になってきたような気がする。
日本にいたときは、自分はのんびり屋だと思っていたのに、
なんだかこちらでは妙にせかせかしている。
ひとつは、やっぱり異国の地で緊張しているせいもあるかもしれない。
もうひとつは、周りがゆっくりしすぎているから???

いくら急いでいても、びっくりしても、動揺しても、怒っていても
中国の人に自分が焦っていることを感じさせてはいけない。
物事は余計上手く進まなくなる。慢慢来、で片付けられてしまう。

とはいっても、
あっちで急かされ、こっちで延ばされ、
これが、日本と中国の間にたつものの辛さかな、
ナカナカとっても難しい。

心にゆとりを。
どうしても駄目なら、
嘘でもいいから中国では大らかに振舞うように。
by senhuixin | 2004-11-16 01:25 | 独り言


中国のおいしいスープ

今日は銀耳紅棗湯をつくった。(訂正:つくってもらった)
その名の通り、銀耳(白いきくらげ)と紅棗(なつめ)が入っているスープ。
つくり方は簡単で、上の材料と、クコの実を少々、
水をいっぱい入れて砂糖(氷砂糖があればなお良し)を加えて
ぐつぐつ弱火で3時間くらい煮込む。
銀耳がとろとろになったらOK。
b0006164_11481633.jpg

夏は氷を入れて冷やして食べると、涼しくておいしいデザートに。
冬はあったかいまま召し上がれ。
確か、目と美容に良いといわれていて、
中国では女性にとても人気のあるスープです。

ついでに他のおいしいスープも紹介しておきましょう。
普通の鶏や烏骨鶏(漢字あってる?)のスープもおいしいのですが、
その他レストランで頼む時に、どこでもあって且つおいしいスープを
覚えておくと良いでしょう。

・排骨萝卜湯:
その名の通り、ダシノ出る排骨と大根のスープです。

・酸辣湯:
くせになる味です。酸っぱくて辛くて少し東南アジア風の味でしょうか。

・鲫鱼豆腐湯:
河魚は苦手という人が多いと思いますが、これは、
魚は食べないで白濁したスープと豆腐を食べるだけでおいしい。
by senhuixin | 2004-11-14 22:14 | 中国/上海/嘉定生活


国民感情

昨日、父との電話でのぼった話題から。
私は中国で仕事をさせてもらっているだけに、
この土地で、政治的な話題はなるべく避けたいと思っていますが、
最近、世の中がどうにもこうにも緊迫していて嫌になっちゃいますね。

ただでさえ、中国のニュースでは何かにつけて中国人の対日感情を
刺激するような報道の仕方をしているのに加え、
今回の潜水艦の事件では、
日本人の対中感情の方に影響がでることになりそうです。
(たしか、今年、日本人に対する対中感情をアンケートとったところ、
残念なことにあまり良くないとの回答が増えていたように記憶しています。)

と同時に、
1.日本が世界でどれだけアマク見られているのか、
2.中国が台湾やアメリカを含めて、日本をどのような位置づけにしているのか、
 (また、ロシア・中国・北朝鮮の関係も)
考えさせられたのではないでしょうか。

海上自衛隊が動いた前回の北朝鮮工作船のときと
同じように今回だって、どうせ日本は何もしないから、と
ピクニック気分で来られちゃいました。
ようやく、抗議に動き出したようですが、
まずは、日本が毅然とした態度を示すべきです。
中国は日本を利用しながら、着々と準備を進めているのだから。

以上のようなことを、中国の方とは討論する気には
更更なれないし、民間レベルでそんな話をするつもりもないですが、
中国で働く私たちは、こういうことも知っておいて、
頭のどこかで意識をしておく必要はあるのだと思っています。
by senhuixin | 2004-11-14 10:49 | 中国ニュース

    

中国上海・嘉定生活・ものづくり日記。         大学時代に旅先で生中国語と出会い、そのリズムと響きの虜になる。現在は中国各地方の人々と台湾同胞に囲まれ、日々是戦闘、惨敗もあり。2005年現在休養中。
by senhuixin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
私の情報源
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧