軟綿綿日記-中国/上海/嘉定-


メーカー第一主義

やっと引っ越したマンションでインターネットができるようになりました。
ひかりネットを申請したのだけど、結局申請してから1ヶ月くらいで
やっとつながりました。これで、新生活もようやく落ち着いてきたところです。
というわけで、しばらく書けなかったブログも再開です。
(ライブドアの方は、どうなってるかわかりませんが。。。)

新しい職場は、外資メーカーと日本の総合商社の合弁会社で、
日本語、英語、インドネシア語、北京語、香港語、台湾語が
日常的に聞こえてくる、面白いところです。
中国にも工場があり、そこで作っているものを日本で販売していて、
私は例によって、中国側と日本側の調整を行っています。
以前と少し違うのが、以前は購買、物流、営業、品質管理、となんでも
やりましたが、今は品質に特化しているところでしょうか。

最近、また中国とのやり取りを開始し、改めて感じる
『中国らしさ』、と『日本らしさ』が沢山あります。
その狭間で、悩むわけですが、
中国製のものを日本市場に売り出すにあたり、一番困るのが
中国の、”メーカー第一主義”のような考え方。
とにかく、客よりも製造側が強い。
ものづくりに、クレームはつき物ですが、
中国製のものに対するクレームは逆に最新の注意が必要です。

なぜなら、中国には、

ものごとを、まず疑ってかかる


という根本的な習慣があるからです。
中国国内で商売をやっているのであれば、まだ通じるのかもしれませんが、
国を跨ぐと、そうは言ってられません。
クレームをあげても、
日本側で壊したものをわざと中国側に言ってきている
ととられる事も、しょっちゅうです。
そこで、中国との取引で、問題があったら、

とにかくできるだけ多くの証拠をそろえましょう。


1.不良品そのもの、無ければ写真
2.不良を決定付ける数値的なデータ
3.納品書など、いつのものかわかる書類
4.不良品を発見した、不良発生した際の記録

等、動かぬ証拠を押さえることで、
まずは『疑い』から逃れるようにすることが先決です。
# by senhuixin | 2005-11-13 23:27


日本での雑感

日本でのOL生活が始まり、もう2週間を過ぎました。
通勤途中、何気なく目にする駅の”掲示板”。
今では、携帯電話が普及していない時代の遺物、と化してしまいましたが、
何となく哀愁が漂い、懐かしさがこみ上げてくるものですね。

中国での生活は、何もかも新しく、何も縛られるものなど無く、
過去を振り返らずに、『これからのこと』に向かって猛突進できたのですが、

日本での生活は、私が過去に日本で過ごした記憶や思いが、
至る所に散りばめられていて、
たまに意味もわからず、自分の『これから』に躊躇してしまったり、
今更ながら、過去の自分を叱ってみたり、、、変な感じです。

それは、まさにあの駅の”掲示板”を見るときの感じなのです。

イキイソグナ という注意信号か、
未来に塗りつぶされていつか薄らいでしまう思い出が反発しているのか、、、
# by senhuixin | 2005-10-11 23:16 | 独り言


久々の、上海日記 2

郊外へ伸びる高速道路はだいぶ整ってきたが、
市内の交通事情は以前より一層悪くなっている印象だ。
100M進むのに10分なんて当たり前で、
ただでさえイライラするのに、
タクシーに乗っている間、昨日の羊肉串が効いたんだろう、
お腹が猛烈にHELP信号を送ってきていた。

そういえば、ちょっと前、
中国では、トイレ探しビジネスを展開し、大成功をしている人がいると
いう記事を目にしたことがあるが、
それこそ、タクシーの運転手さんが『トイレ探します』の看板をつけて
街中走り回っていたら、結構流行るだろうな、なんて考えた。
庶民向けから外国人向けまで、トイレも色々ランクごとにおさえたりして。
恐らく、中国では多くの観光客が、なれない食べ物を食べて
死に物狂いでトイレを探しているはずから。

そんな、ちょと楽しいビジネスアイデアを思い描き、
気を紛らわしながら、ふと窓外に目をやると、
野グソしている爺さんと目が合った。

あのー、一応、ここ上海のど真ん中なんですけど。
なんだか自分の今の状況と先ほどのアイデアが馬鹿馬鹿しくなってきた。
# by senhuixin | 2005-09-08 00:11 | 中国/上海/嘉定生活


久々の、上海日記1

先日少し用があって、半年ぶりに上海、そして嘉定へ。
嘉定の中心が移ろうとしており、日本円にして六、七千万の別荘が
立ち並ぶ高級住宅街も建設。
地元民を始め、台湾人が我を急いで購入していると言う。

嘉定は日本企業への誘致を積極的に行っており、
(富士通将軍さんや、JUKIさんなど立派な工場がたくさんです)
嘉定に勤める日本人数は増える一方だが、別荘購入までは至らず、
大家に高い家賃を払うか、ホテル住まい、といったところ。
ところで、嘉定でホテルといえば、迎園飯店。
相変わらず日本人滞在者が多く、ホテルは昨年全面改装を済ませ、
三ツ星ホテルとしては、他とは格段の差がある綺麗さだ。
少し、ハイアットを意識しているのか、ホテル全体がシックな金と
重みのあるこげ茶で統一され、ちょっとした風格がでている。
そんななか、少し腰の曲がった掃除のおばさんが、
”早上好”と照れくさそうに何回も挨拶をするのが、また不自然で、
不釣合いと言うか、中国そのものが現れていると思い、笑ってしまった。


以前立ち上げた会社の女の子達が運転免許をとった、と言って
私を嘉定繁華街まで送ってくれた。
免許取立てのマツダ、アテンザは色々な意味で怖いのだ。
でもこの教習費用は会社負担で、社員は会社を存分に利用し、
自己実現に向けて突進。
会社はそんな社員を使い、いい意味でWinWinの関係を築いている。

また、私の妹分にあたるワンちゃんは、
勤めながら夜間大学に行くつもりだと、
高い志を私に告白してくれた。
これも、本人の努力が成果となって現れれば、学費全額会社負担だ。


夕方、本当は菊園で食事をしたかったのだけど、
コックさんが変わって、美味しくなくなったので、断念。
避風tan(いきつけのレストラン)ももう無くなっており、
やっとのことでありついた羊肉串をがっつきながら、
このむせるような匂いが変わっていないことに少し安堵した。。
# by senhuixin | 2005-08-30 11:58 | 中国文化紹介


貴方と一緒なら、本領発揮できるわ。

先日台湾での公証の話の時に、

自分の名を中国人名に変えなくちゃダメ

というお話をしました。
私は、SENHUIXINという名前があったのですが、
画数を気にするお母様から、この名前はよろしくない、ということで
中国名を変えました。
(ブログ運営の都合上、源氏名はsenhuixinのままですが。)

上海にいた時に、あれらの高層ビルがほとんど風水によって、
デザインや向きが決められているということ、
台湾や香港の会社が中国進出する際に、風水師の人を呼んで、
一緒に建物のつくりを考える、という事実に驚いたものです。

それで、中国の占いとか風水には少しだけ興味を持っていたのですが、
先日、細木数子さんの~星人の運命の本が発売されたので、
”金星人”の私も買ってみました。

一番気になる、主人との相性を早速見てみると、
地運、星別相性、ともにぴったりで、

『欠点をカバーしあい、お互いの長所を引き出す関係』

とのこと。実は、普段から私たちはお互いのことを

"互補"(hubu)の関係


"催化剤"(cuihuaji)のようだ



と言っています。皆さん、意味を察せられるでしょうか。
まさに、細木さんのおっしゃる相性のごとく、
互補、互いに欠点を補い、
長所を催化剤、つまりcatalyst(触媒)となって、引き出してあげられる関係。

この関係を維持し、二人が末永く心身ともに健康で過ごせれば、
幸せだなあ~、と
改めて主人と支えあって生きてゆこうと思いを固めました。
ノロケてすみません。。。。
# by senhuixin | 2005-08-29 00:29 | 中国語学習


これから台湾人と現地結婚をする貴方のために

国際結婚というのは、本当に色々煩雑な手続きがあり、
それを乗り越えようという強い意思がなければ、
難しいものだなあ、と思っているこの頃です。

ブログ仲間のwanchaiさんのお話によると、
最近日台カップルが増えているのだとか。
それにしても、手続きは色々とわからないことばかり。
というわけで、
私の経験が何かの役に立てれば、と思い、
以下まとめて見ました。

私の場合、
1.台湾人と現地結婚(公証)をして、
2.その後日本で住む
というパターンです。大きく2ステップに分けられますが、
今回は1、公証手続きまでのお話をします。

☆日本で準備できることと、台湾で準備をするものとありますので、
忘れないようにしてくださいね。


1)日本にて準備:
a.戸籍謄本1通(念のため2通でも)を取り寄せる  【1日~4日】
               ↓
台北駐日経済文化代表處で認証をもらう 【3日】

b.中文名を考える
 台湾では、外国人の名前で結婚登録が出来ません。
 自分の中国名を考えておきましょう。
 私の場合、台湾で画数を見て、新たに中国名を作りました。
 (senhuixinは画数が悪いと言われ、断念。。)

 変な話ですが、姓については、私の場合、”森”で1文字だから
 そのまま登記できるのですが、たとえば、”野村”のように二文字
 ですと、中国らしい姓に変えなければなりません。ご注意を!!

c.印鑑を用意する
 中国名を決定したら、その印鑑を作ってもらいましょう。
 結婚証明書に必要になります。

d.台湾へ渡航するための航空券、ビザの準備はできましたか。


2)台湾で行う手続き
a.どこの地方法院で公証を行うか、立会人2人は誰に依頼するか決定
 私は、主人の実家近くの台湾で行いました。
 予め、法院の人に言い、予約をしたようです。
 立会人は主人のご両親にしていただきました。

b.単身証明1通を手に入れる
 
b0006164_22503690.jpg

 交流協会在台湾事務所(台北又は高雄)へ行き、上の申請用紙を入手 
              ↓  
 外交部へ申請~入手:日本で認証済の戸籍謄本、パスポート、印鑑が必要 【2日】

c.結婚公証書の日本語訳フォーマットを入手
 交流協会在台湾事務所(台北又は高雄)で聞いてみましょう

d.公証当日、地方法院へ行き、結婚公証書を申請~入手
 単身証明、パスポート、印鑑、立会人2人が必要です。 【1時間以内】

私の場合、当日はなぜか立会人だけでなく数十人が集まったので、
ちょっとしたイブニングドレスを着ていきましたが、
他のカップルは、立会人2人と本人たちのみ、
なぜか高校時代の制服を着ていました。
ウェディングドレスを着なければいけない、というわけでは
ありませんので、簡単に済ませたい人は普段着でいいと思います。

公証の後も色々手続きはありますが、
それはまた次回に。
# by senhuixin | 2005-08-18 00:47 | 国際結婚


台湾で入籍しました!

小吃天国台南から、無事帰国しました。
台南は台湾で五番目の都市とは云いますが、
この極暑の中、移動はほとんどオートバイ。
台北であれば電車があるので、それほど苦ではないのですが、
台南の夏には正直、やられました。。。

これから少し結婚や新生活の話が多くなってくると
思いまして、『国際結婚』のカテゴリを作りました。


実は、私の結婚までの道のりは本当にショートカットで、

     お付き合いはじめ

          ↓
     結婚したいと思う


までに1ヶ月ほど。


     結婚をしようという考え

          ↓
     親に相談

          ↓
     実際に婚約や入籍の日取りを決定


この間、約1週間という超特急スケジュールできたのでした。
両親は、彼に会わずして、結婚の了解をしてくれまして、
この点では本当に理解のある親、と感謝しています。


さて、日本人の国際結婚の手続きは大きく分けて、
下記の二通りあるのですが、

1)日本で婚姻手続きをしてから、相手国に届出
2)相手国で婚姻手続きをしてから、日本に届出

私は、2)を選びました。
婚約は日本で行い、その次の週には、
台湾で親戚への挨拶も含めて、入籍、と簡単に済まそうと思ったのですが、
そう、簡単にはいかないのが、台湾の"公証"なるもの。

これは、日本のように市役所の戸籍課で、
書類を書いて終わり、というものではなく、

b0006164_164465.jpg

↑このような法廷で、法的な立会人+証人二人のもと、
結婚の誓いを交わすものです。
b0006164_16451251.jpg
なんだか、牧師さんの前で誓い合う 
教会式と少し似ているような気がしました。
ちなみに私たちは、この→公証人の前で誓い合いました。

"公証"を滞りなく終えると、"結婚公証書"が渡され、
二人の結婚が認められたことになるのです。

次回は、この"公証"を行うまでの
手続き関係について、詳しく説明してみようと思います。
# by senhuixin | 2005-08-15 23:47 | 国際結婚


個人的な大ニュース

皆さんご無沙汰しております。
人民元の切り上げなんていうビッグニュースも取り上げずに
何をしていたのか、と言いますと、
私個人的に、もっとビッグニュースがあったのでした。


我明天要訂婚了!



老公(ダーリン、とでも訳しておきましょう)は、台湾の方でございます。
あまりに突然のことで、周りもなんだかびっくりさせてしまったのですが、
当の本人はもっとびっくりしています。
だいたい、学生時代には、
結婚の意義なんていまの日本ではもう無いようなものじゃーん、
とか、子供のために便宜的にするものだ、なんぞと考えていたことがあって、
結婚を現実のものとして少し考えだしたのは、(相手がいる、いないは関係なく)
ここ半年くらい。
大学の友人らは不思議がって、なぜ結婚を決めたのか、聞かれましたが、
実際のところ、『感覚』としかいいようがないのですね。
しかも、私ひとりだけの感覚だけじゃなくて、
ふたりの感覚がぴたっと合った、というのでしょうか。
恋人、ではなく家族になりたいという感覚は面白いものです。

学生時代に考えていた(意味のない)結婚というのは、
あくまで恋人の延長として考えた場合のことで、
家族、というのはまた明らかに別のものだと思います。


ところで、

女が男を助けることで、男は神になることができる

というヒメヒコ制という考え方が昔から日本にあります。
言い方を変えれば、

男は女に助けられなければ、永遠に一人前にはなれない、

ということでもあります。
私が、一生涯助けたい、支えたいと思える人、それが私の相手です。
当たり前のように、お互いを思い合えるような関係を
大事にしていきたいと思います。

まずは、ご報告まで。
# by senhuixin | 2005-07-29 00:49 | 国際結婚

    

中国上海・嘉定生活・ものづくり日記。         大学時代に旅先で生中国語と出会い、そのリズムと響きの虜になる。現在は中国各地方の人々と台湾同胞に囲まれ、日々是戦闘、惨敗もあり。2005年現在休養中。
by senhuixin
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
私の情報源
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧