軟綿綿日記-中国/上海/嘉定-


言い訳をさせない方法 1

こう言っては悪いけど、中国人のいいわけは有名ですね。
文化の違いだからしょうがない、のだけど、
しかしビジネスにおいて、これはまるで良い事が無い。
私もよくありましたが、1時間、2時間話しても、

だから結局、結論は?

ということがしばしばあります。
言い訳とは自分を正当化する為、もしくは守る為のものであって、
反省の材料にもならなければ、今後の正しい方向付けにもならない。

私が中国で仕事をしてきて、少しわかった事。それは、


成功するには、まずは人を制すること。



人、の中でもまず先に自社社員を制すること。
そこでネックになってくるのが、この『言い訳』。
今日は、これを封じるユニークなシステムを紹介したいと思います。
実際に中国の経営者からおうかがいした方法を、
私なりに解釈しました。


■経緯と結果を切り離す

言い訳とは、結果が思わしくないときに、
自分に有利な経緯を事細かに説明して、その結果を曖昧にさせてしまう
一種の自己防衛術。
これは、ビジネスの対外交渉には使われる作戦のひとつではあります
が、社内でこれをやられては堪らないですね。

しかし、コレはわざと経緯と結果をごちゃ混ぜにする事によって
生じさせる錯覚なので、これらを切り離してあげれば良いだけ。
中国人は無意識のうちに自己防衛術を使い、
自分の頭の中もこんがらがっていますが、
訓練によって、直す事ができます。
簡単なことですが、初めのうちは黒板/ホワイトボードを
使用して思考を整理させるのが効果的です。

1.責任者だけを呼び面談をしましょう。
 何人もいると、皆しゃべりたがり、
 途中で話がごちゃごちゃになります。
 また、たいていそういう時は、
 面子の問題や、牽制しあうなどあって、
 本当の事実関係や本音が掴めません。
 必要があれば個別に面談するべきです。

 中国での鉄則:まずは個人ごとに情報を掴め!
 

2.結果から話させる習慣をつけさせましょう。
 もし滔滔と色々しゃべりだすようであれば、
 初めのうちは、黒板/ホワイトボードに
 結果だけ書かせるのも手です。

3.一問一答式で手短に話させましょう。
 皆さんお分かりかと思いますが、
 話していると、とにかく話が違う方向へずれますので、はい。


4.しかしそれでも、『可是(でも)・・・』が出てきます。
 これが重要で、あなたに救いを求めている証拠です。

そんなときは・・・↓


■熱鍋計=私は必ずあなたの見方である
なぜ言い訳という方法で自己防衛する必要があるのか、
考えてみると、中国人には、

☆自分が、
☆ひとりで、
☆手柄をたてよう!

という気持ちが強くあるような気がします。
しかし、その分失敗した場合に、
自分一人でその責任をとらなければならないから

怒られる、

評価が下がる、

など恐怖感が先走りして、言い訳という形になるのだと思います。
しかし、あなたは一人ではないのですよ、
という安心感を与えたらどうなのでしょう。
この作戦を、ある経営者は”熱鍋計”と呼んでいます。

 熱鍋計(釜ゆでの計):
 春秋戦国時代からあった酷刑のひとつで、
 煮え立った大釜の中に罪人が放り込まれる。
 (参考資料:尾鷲卓彦 『図説 中国酷刑史』 徳間書店)

あなたが失敗しても、この熱鍋の中に
一緒に飛び込む覚悟ですよ、という意味で使っているようです。
人の心をつかむ経営者は、
とにかく、一人であるという恐怖心を取り除き、
私とあなたは同じ目標をかかげる仲間である、
という意識を社員に持たせるのが上手ですね。

大事なのは、結果が出てから言い訳という形で
経緯を説明させる事ではなく、
結果の出る前の相談なのですから、
何かあったらすぐに話せるような雰囲気、
意識をつくりあげること、を忘れてはいけません。
言い訳には必ず理由があるのですから。


さてさて、上の二つの基本原則を使って、
ある会社では二つの社内用会議室を用意しています。

その名も、『沟通室』と『結果室』。

えー、今日は少し寒気がしてきましたので、続きはまた今度!
by senhuixin | 2005-01-04 22:28 | 中国ものづくり裏話

<< 日本で福袋を購入する      ちょっと人民ね。 >>

中国上海・嘉定生活・ものづくり日記。         大学時代に旅先で生中国語と出会い、そのリズムと響きの虜になる。現在は中国各地方の人々と台湾同胞に囲まれ、日々是戦闘、惨敗もあり。2005年現在休養中。
by senhuixin
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
私の情報源
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧